スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せき・たんについて

僕自身小児喘息を持っていたので、せきの辛さ、直す苦労をよく知っています。夜中に咳などが出ると寝苦しく、不眠症にもつながることがあります。そんな辛い咳を改善する方法を紹介します。

咳にはいくつか種類があり、「たん」を伴わない咳、「たん」を伴う咳があります。


・たんを伴わない咳
乾いた感じの咳で、咳をしたときの音も、コンコンなどと乾いています。肺がん気管支炎肺炎かぜの最初のほうは乾いた咳が多いです。

・たんを伴う咳
皆さん良く体験をしたことがあると思いますが、この咳もやはり音が湿った感じで、肺化膿症気管支拡張症などではこういった咳が出ます。

また、そのほかにもけいれん症の咳があり、これは気管支喘息などの症状が起こっているときに激しいせき発作を伴います。

このように、咳にもいろいろな種類がありますが、それぞれに対処方法があります。

・激しいせきを対処するには、咳止め薬を使用します。咳を起こさせる咳中枢を麻痺させます。

・たんが出るときには、咳止め薬は使用せず、たんを止める薬を使用します。たんをサラッとしたものにしたりする効果があり、のどへの刺激を緩和します。

また、急な咳などで、薬などを持っていない場合はトローチや飴などをなめるのも対処のひとつです。

長く症状が続いたり、市販の薬で症状が改善されない場合はお医者様での診察受診をお勧めします。



あくまでもこれは参考です。






スポンサーサイト

検索フォーム

プロフィール

たくちゃん

Author:たくちゃん
年齢:高校1年生
趣味:ギター、パソコン
特技:上記と同じく。
一言:よろしくお願いします!

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

閲覧者数の合計

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

QRコード

QRコード
Copyright © たくちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。